投稿

テレサ・チャン弁護士来日

イメージ
近年目覚ましい経済発展を遂げているベトナムですが、その陰で長年に渡って改善される事なく、最も深刻な問題としてベトナム国民を苦しめ続けているのが、ベトナム共産党政権による国民への弾圧、人権蹂躙です。
 以前取り上げたフォルモサ問題をはじめ、ベトナムでは政府の暴政によって国民の権利が脅かされる事態が多発しており、またその腐敗した体制に対し抗議をおこなった多数の市民が「反国家宣伝」などの容疑で逮捕され、今もなお100名以上の人々が「政治犯」として投獄されています。
【関連記事】
良心の囚人
グエン・ベト・ズン裁判 近年最悪の言論弾圧: 人権ブロガーに禁錮10年
 このベトナム政府による国民へのテロルに真っ向から立ち向かい、真のベトナム国民の幸福を目指して戦っている人物の一人が、ベトナム系オーストラリア人の弁護士テレサ・チャン・キウ・ゴック(Teresa Trần Kiều Ngọc)先生です。
 テレサ先生は刑事事件専門の弁護士としてオーストラリアの法曹界で活躍する傍ら、世界各地を周ってベトナム本土の人権問題と在外ベトナム人コミュニティに関する講演活動を行っておられます。

アメリカ サンノゼ (2016)
https://www.youtube.com/watch?v=Y9iBMrd64NM
カナダ モントリオール (2017)
https://www.youtube.com/watch?v=ylGd3sdwsMg
フランス パリ(2017)
https://www.youtube.com/watch?v=cd7OFTJUHRc
オーストラリア シドニー 世界青年人権会議 (2017)
https://www.youtube.com/watch?v=L9cDK1Pgk6o

東京講演会 2018年4月、テレサ先生は日本在住ベトナム人コミュニティからの招待を受け初来日し、東京・姫路・大阪の三都市で講演会を開催されました。東京での会場となったのは千代田区のニコラ・バレ修道院で、こちらの教会では定期的にベトナム人神父がベトナム語でミサを行っているため、東京在住のベトナム人カトリック信徒の憩いの場となっています。
 講演にはベトナムの人権問題に関心を持つ若いベトナム人留学生・研修生が大勢集まり、また'70~80年代の政変・弾圧によって祖国を離れざるを得なかった元ベトナム難民とそのご家…

美作市ホーチミン像に世界のベトナム難民団体が抗議

イメージ
【過去記事】
美作市のホーチミン像問題 
【続報】美作市ホーチミン空間問題

 これまでも当ブログでお伝えしてきましたが、昨年11月に美作市が同市の作東文化芸術センターに設置した『ベトナム・ホーチミン空間』に対し、地元の美作市民と共に、世界中のベトナム系市民団体も反対の声を上げています。

 既に美作市民の間では展示の中止を求める署名運動が行われ、およそ2,000名分の署名が市に提出され、市議会でも複数の市議が展示に反対したと聞きおよびます。地方都市である美作市の人口を考えれば、2,000という数字は決して少なくはないでしょう。また市議の先生のお話では、美作市民の大多数はこのホーチミン空間に反対、もしくは無関心であり、積極的に設置に賛成している市民はほとんどいないとの事でした。しかしその民意は萩原市長には届かず、市民の税金を使ってホーチミン空間の設置が強行されます。

 その後、この事実はネットニュースで世界中に拡散し、ホーチミンの行ったテロや戦争、戦後のベトナム政府の暴政によって苦しめられた人々に深い悲しみと憤りをもたらす結果となりました。
 まず米国在住のベトナム難民コミュニティ『自由ベトナム人連盟(Liên Mạng Người Việt Tự Do)』が、2017年12月29日付けで美作市に対し、抗議とホーチミン空間の撤去を求める請願書を提出しました。

SBTN: Liên Mạng Người Việt Tự Do gửi kháng thư yêu cầu dỡ bỏ tượng Hồ Chí Minh ở Nhật
https://www.sbtn.tv/lien-mang-nguoi-viet-tu-do-gui-khang-thu-yeu-cau-do-bo-tuong-ho-chi-minh-o-nhat/

 そして2018年1月からは、展示の撤去を求める世界規模の署名運動が開始され、4月までに日本国内外合わせて8,000名を超える署名が寄せられています。

Protest against installing the statue of Ho Chi Minh at Mimasaka, Japan
Yêu Cầu Xóa Bỏ Biểu Tượng Hồ Chí Minh Trong Viện Bảo Tàng Sakuto, Thành Phố Mimasa…

お花見

イメージ
現在、ベトナム出身オーストラリア在住の著名な弁護士・人権活動家テレサ・チャン・キウ・ゴック(Teresa Trần Kiều Ngọc)先生が初来日し、東京・姫路・大阪の三都市を周って日本在住ベトナム人コミュニティに向けた講演会が開催されています。  その東京講演に合わせ、いつも懇意にして頂いている関東在住のベトナム人グループから、講演が始まる夕方まで日中お花見をするけど一緒にどうかとお誘い頂いたので、僕も参加させて頂きました。

僕の家に大きなブルーシートがあったので、当日は朝から、幹事と僕の二名で場所取り。 11時過ぎるまでビルの陰で日光が当たらず寒かったです。

昼頃になってようやく皆さん集まり、お花見を楽しみました。 お花見という事で、普段コミュニティ活動には参加されないお子さんや年配のご家族も一緒です。
各自持ち寄った手作りベトナム料理とかお菓子を食べながら宴会。 初めて会う人もいるので順番に自己紹介して盛り上がる。 僕と初めて会う人はほぼ100%、僕の事を日本生まれのベトナム人だと勘違いするので、ベトナムとは全く無縁の出自と知り、皆さん驚かれます。
夕方から講演会があるので、お酒はほどほどに(?)
そして16時ごろまでお花見を楽しんだのち、講演会参加者は会場のニコラ・バレ修道院に移動。講演会については後日詳しく記事にします。

マウタン1968(テト攻勢)から50年

イメージ
マウタン1968犠牲者追悼式典
 今から50年前の1968年2月、ベトナムで最も神聖な祝日である元旦節(テト)を狙ったベトコン(ベトナム共産軍)による同時多発テロ<マウタン1968>、通称『テト攻勢』が発生し、ベトナム戦争始まって以来最大の犠牲者を出す大惨事となりました。
 このマウタン1968から50年目の節目を迎え、日本在住ベトナム人協会は2018年2月11日、神奈川県藤沢市の寺院においてマウタン1968の犠牲者を追悼する法要・式典を執り行いました。式にはかつてのベトナム難民を始め、現在日本に住んでいるベトナム人研修生や一般労働者、在日米軍のベトナム系アメリカ軍人も参列しました。


映像: Hiệp Hội Người Việt tại Nhật

フエ虐殺事件目撃者の声
 また法要後の懇談会では、共産軍によって行われたあの惨たらしい事件を風化させないよう、当時その場でマウタン1968を体験した方々が、戦後生まれの若い世代に自身の体験を語りかけました。お世話になってる知人が、今回も話の内容を同時通訳してくださったので、その一部をご紹介します。


映像: Hiệp Hội Người Việt tại Nhật

ブウ氏
 ブウ氏は当時、フエ在住の13歳の少年であり、共産軍による26日間のフエ占領を体験しました。
 ブウ氏によると、フエでマウタンの戦闘が始まったのはテト二日目の夜であり、最初は誰もが銃声を爆竹の音だと思い、戦闘が始まったとは思いもしなかったそうです。
 しかし朝になると街は共産軍に占領されており、通りには共産軍の兵士たちが堂々と歩いていました。戦争とは無縁の生活を送っていたブウ氏はこの時初めて実際に共産軍の姿を見ましたが、当時は子供だったため特に恐怖は感じなかったそうです。
 しかしその日、フエ市内で拘留されていた共産ゲリラ容疑者が釈放されると状況は一変します。共産軍が住民の家々に押し入り、軍人、警察、政府関係者を次々と逮捕し始めました。ブウ氏の兄2名も軍人でしたが、その年はたまたま二人とも帰省していなかったため、父がその場で尋問されただけで済んだそうです。しかし父の友人であり恩師の神父は連行され、二度と帰ることはありませんでした。
 占領下の生活の中で、ブウ氏は自宅周辺では夜しか戦闘の音が聞こえず、なぜ夜だけなのか不思議に思っていたそうです。
 その後…

新年のつどい

イメージ
今年最初の記事では、日本在住ベトナム人協会様が毎年開催している新年のつどい(Hội Xuân)をレポートしたします。この新年会は神奈川県藤沢市のカトリック藤沢教会で30年以上に渡って開催されており、普段は離れて暮らす在日ベトナム人の方々が年1度、一堂に会して同胞との絆を維持すると共に、地域の日本人との交流の場となってきました。


(暴力革命前の)ベトナム国旗の祭壇前で開会式が執り行われます。


以下、会を主催された日本在住ベトナム人協会会長 グェン・フォン・カィン氏の開会のお言葉です。
 毎年のようにこの場をお貸しいただき誠にありがとうございます。我々難民がこのような活動をさせて頂いている事に非常に感謝いたします。 と同時に、(異国の地で)難民として新年を迎える事については、複雑な思いもございます。1975年以来43年間、独裁政権の下でベトナムという国には自由と民主主義の無い状況が続いております。 このような現状ですが、我々はベトナムの自由と民主主義について話し合うこのような新年会を、日本だけなく、むしろベトナムで行えるよう、一緒に頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 グェン・フォン・カィン氏

開会式の後は年長者から子供たちにお年玉をプレゼント!

しかし思ったより子供の数が少なかったので、残りは大人にもあげる事に。 皆さんウン十年ぶりのお年玉に大はしゃぎです。 僕もちゃっかり列に並んでお年玉もらっちゃいました(笑)

会場では関東各地のベトナム人コミュニティ―が集まり、 様々な手作りベトナム正月料理を販売しています。




僕は友人のところでチェー(お汁粉)売りをお手伝い


せっかくアオザイを着て行ったので、 ベトナム国旗の祭壇の前で記念撮影。 すごいお正月感のある絵になりました😚

【続報】美作市ホーチミン空間問題

前記事『美作市のホーチミン像問題』 
岡山県美作市が市営博物館に設置した『ホーチミン空間』なる展示に世界中のベトナム人から批判が集まっている事をお伝えしましたが、今月に入り、日本在住ベトナム人協会も、ホーチミン空間の撤去を求め市長および市議会議員へ送付する請願書へのウェブ署名運動を開始しました。

Change.org: 美作市作東芸術文化博物館のホー・チ・ミン像撤去に関する請願書

美作市作東芸術文化博物館のホー・チ・ミン像撤去に関する請願書 美作市長 萩原誠司様  美作市議会議員の皆様 美作市民の皆様  私たち日本在住ベトナム人協会は、美作市にある作東芸術文化博物館でのホー・チ・ミン像設置計画に反対しています。  博物館など公共の文化空間は、一般市民らに認められる普遍的価値を有する芸術作品のみの設置が相応しいと思うからです。  当市出身の剣豪・宮本武蔵は、武術のみならず、著書『五輪書』にみられるオリンピックに通じる精神性の高さで後世の私たちに大きな影響を与えています。偉人・宮本武蔵像の建立であれば十分、納得できますし、皆が誇りを持って喜んで見学に訪れるでしょう。 しかし、ベトナム人のホー・チ・ミンをよく知る私たち在日ベトナム人は、彼の像の建立によって美作市民の皆様に多くの誤解を与え、長年築いてこられた貴市の文化的遺産の価値を劣化させてしまうと確信しています。  ホー・チ・ミンの実像は宮本武蔵とは全くかけ離れた独裁者です。彼は、抗仏時代において民族主義的政党の要人多数を粛正・暗殺し、1950年代農地改革時代には2万人を惨殺、20万人を迫害しました。1968年のテト攻撃においては罪なき国民6000人以上を殺し、生き埋めにしたなど暴力と残虐な手段でベトナムに共産主義政権を作りました。その後の数え切れないボートピープル発生の惨状は、日本でも多く批判的に報道されてきたと思います。  私たちは、その原因を作ったホー・チ・ミンの非道を日本の皆様、そして美作市の皆様に忘れていただきたくありません。今日の日本とベトナムの協力関係の進展は、ホー・チ・ミンとは無関係です。日本のどこかの地に中国の毛沢東の像を建立する発想と似ていないでしょうか。  この請願書には、ベトナムの自由と平和の実現を応援している外国友人の他に、日本国政府、地方自治体、日本国民の皆様のご支援の下で日本に暮らし、働いているベトナム人及…

美作市のホーチミン像問題

イメージ
昨年11月、岡山県美作市が市の施設に設置したホーチミン像に、世界中から批判が殺到しています。

 もともと美作市では市内在住ベトナム人の増加に伴い、ベトナムとの交流事業を積極的に行っていました。
美作市: ベトナムとの交流
(http://www.city.mimasaka.lg.jp/soshiki/kikaku/eigyo/1479781338101.html)

 しかしその一方で、美作市は軽率にもベトナム政府が寄贈したホーチミン像を受け取り、あろうことか同市の運営する美作博物館に「ベトナム・ホーチミン空間」なる展示を、市民の税金を使って設置してしまいました。
ベトナム通信社: ホーチミン主席像 岡山県美作市に寄贈
(https://vietnam.vnanet.vn/japanese/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%B3%E4%B8%BB%E5%B8%AD%E5%83%8F-%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E7%BE%8E%E4%BD%9C%E5%B8%82%E3%81%AB%E5%AF%84%E8%B4%88/358583.html)


 外国の一政治家の像を市の公的な場所に設置する事については、美作市民の間でも疑問視され、市議会で質疑が行われるとともに、設置に反対する署名運動も美作市民によって行われました。
美作市政と私たち市民、そして 「 クボタ 」 の思い: ホー・チ・ミン 元主席像の設置反対署名活動について 
(http://yaburo3.seesaa.net/article/453909838.html)
 しかし美作市はホーチミン空間の設置を強行し、市民の冷たい目線の中、完成式典が執り行われました。


写真: Communist Party of Vietnam Online Newspaper (http://en.dangcongsan.vn/overseas-vietnamese/ho-chi-minh-statue-presented-to-japan-s-mimasaka-city-462923.html)

 そして、その事がメディアで報じられると、日本を含む世界各地の在外ベトナム人から、落胆と怒りの声が上がりました。
 特にTrân Trọng氏が美作市長に送付した意見書…