投稿

第38回 日本定住難民のつどい

イメージ
11月12日(日)、新宿区新宿文化センターで開催された「日本定住難民のつどい」を観覧してきました。この催しは日本政府の委託で日本定住難民への支援を行うFWEAP(公益財団法人アジア福祉教育財団)が昭和57から毎年主催しているもので、今年で38回目を迎えます。
 私はこれまでこの式典に参加した事は無かったのですが、今回知人がステージでベトナム舞踊を披露するとの事で、勉強がてら行ってきました。


 式典には主催者のFWEAP理事長 藤原氏、共催の新宿区長を始め、来賓として法務省入国管理局長、外務省国連担当大使、国際連合難民高等弁務官事務所駐日代表が列席され、さらに安倍首相ら政府閣僚からの祝電が寄せられました。難民支援は国の事業だと知ってはいましたが、これほどの顔ぶれが揃う式典だとは思っていませんでした。
 来賓挨拶の後は、難民を雇用する企業や協力者への感謝状贈呈、模範難民定住者への表彰状授与がありました。まぁ、この辺は政府の建前的な話しか無いので、ほとんど聞き流してましたが。日本に住む1万人、そして世界に住む300万人のインドシナ難民の方々が「なぜ祖国から逃げ出さなければならなかったのか」「なぜ今も帰れないのか」につては一切触れる事はありません。あえて厳しい言い方をすれば、この式典は日本政府の人道支援を「自画自賛」するためのものです。もちろんこの支援は難民の方々に大いに役立っていると思いますが、同時に日本政府としては、経済的利益の為にはベトナム政府など難民を生みつづけた非人道的な恐怖政治体制とも友好関係を維持したいというのが本音な訳で、この難民問題の根本原因については触れたくないのでしょう。これは国家間の関係に関わる政治的な問題であり、単なるヒューマニズムだけで動く訳にはいかないというのは私にも理解はできますが、こういう式典で偉い人たちの演説を聞く度に、どうしても日本人が出来る事の限界と言うか虚しさを感じてしまいます。同時にその悔しさが、僕がこうしてブログを書いている原動力な訳でもありますが。


さて、式典の後はお待ちかねのアトラクションです!
(スマホのカメラをズーム最大にして撮ったので画質悪いです)

武蔵野中学高等学校マーチングバンド・チアリーディング部
在日チン民族協会 ミャンマー民族舞踊
カンボジアこども支援センター カンボジア民族舞踊
新宿区役所つつじ連 阿波…

ファム・ミン・ホアン教授

イメージ
ファム・ミン・ホアン(Phạm Minh Hoàng)氏は元ホーチミン工科大学教授で、2010年に学生への講義の中で人権に関する内容を扱っただけで警察に逮捕され、2017年6月にはベトナム共産党政府によって市民権を剥奪され、国外追放となった人物です。
 そのホアン教授が来日し、東京で講演会を行うという知らせを受け、私もお話を伺うため参加させて頂きました。2017年10月22日、東京都品川区で開催された講演会には約50名の在日ベトナム人の方々が集まり、ホアン教授が体験したベトナム共産党政府による理不尽極まる弾圧と、氏が語る未来のベトナムへの展望について皆真剣に耳を傾けていました。

(写真: Việt Tân tại Nhật)
(写真: Việt Tân tại Nhật)

【ファム・ミン・ホアン教授の来歴】  1955年、ベトナム・ブンタウに生まれる。ベトナム戦争の最中に少年時代を過ごし、1968年のテト攻勢では、軍のトラックから大量の遺体が下ろされるのを目撃する。また父と兄がベトナム共和国軍兵士として軍務についていたが、兄は戦闘で両目を失明する障害を負う。この経験から、ホアン氏は祖国ベトナムの平和と発展に対する強い想いを抱く。    1973年、18歳の時にフランス・パリに留学する。しかしフランス留学中の1975年4月30日、共産軍の侵攻にサイゴンが陥落し、ベトナム共和国政府が消滅する。これによってベトナム共和国政府発行のパスポートが無効となった事に加え、ベトナム政府がハノイの共産主義政権に取って代わられたことで、ホアン氏は帰国を諦めフランス国籍を取得する。以後ホアン氏は2000年まで、25年間フランスで応用力学の学者・教員として勤務する。その間、1982年に結成された国際的なベトナム民主化運動組織 ベトナム革新党(ベトタン / Việt Tân)に加入する。

 その後、2000年にベトナムへの帰国が叶い、ホアン氏は以後10年間ホーチミン工科大学で応用数学の教授を務める。ホアン教授はベトナムの未来を担う若者たちを育てる事が自分にできる祖国への貢献と考え、大学では政治活動は行わず、あくまで匿名で個人のブログを運営するに留めていた。ホアン教授は、学生たちと共に過ごしたこの10年間が自分の人生で最も充実した日々であったと語っている。
 しかし、その日々は突如終わ…

在日ベトナム人協会サマーキャンプ 1日目

イメージ
7月に在日ベトナム人の皆さんがお台場で行ったフォルモサ公害問題に抗議するハンガーストライキでご一緒させて頂いた際、他の参加者の方から、8月に毎年恒例のサマーキャンプがあるので来ませんか?とお誘い頂きました。という訳で、せっかくの機会なので僕も友人(日本生まれのベトナム人)と二人で1泊2日のキャンプに参加してきました。

このキャンプは在日ベトナム人協会(Hiệp Hội Người Việt tại Nhật)様が主催するサマーキャンプで、10年ほど前から東京都青梅市で毎年開催されています。遠い所では名古屋や大阪など日本各地から約100名の在日ベトナム人の皆さんが集まり、普段離れて暮らしている家族友人たちとの絆を深める会でもあります。
ちなみに、参加者100人のうち、日本人の参加者はおそらく僕を含めて3人。なので当日の司会進行は全てベトナム語で進められましたが、皆さん日本に住んでる方々なので日本語が通じますから、コミュニケーションには困りませんでした。


このキャンプは、在家仏教教団立正佼成会様のご厚意で、立正佼成会青梅練成道場をお借りして行われているため、施設には食堂や大浴場が完備されており、夜はビジターセンターで布団で寝る事が出来るなど、至りに尽くせりな環境です。 立正佼成会様は元々、ベトナム戦争中の1960年代からベトナム統一仏教会と共同で平和活動に取り組んでこられ、1975年の終戦後は、ベトナム共産党政権による弾圧から逃れボートピープルとして来日したベトナム難民の支援活動に尽力されました。その縁から、在日ベトナム人協会との友好は今日まで続いているそうです。

ベトナム戦争戦没者・戦後殉難者供養
このようにベトナム戦争と戦後の難民問題に長年携わった経緯から、キャンプの開催に際しては、立正佼成会会員の方々が、戦争や国外脱出・強制収容所などで犠牲となった数百万人のベトナム人への供養として、読経を捧げられました。 また2日間我々をお世話して下さった立正佼成会担当者の方は、当時のベトナム共和国(南ベトナム)ダラット郊外で建設が進められた水力発電用ダム ダニムダムに、設計工事を請け負った日本企業の職員として1965年から5年間も現地で工事に関わった方で、当時の貴重な体験を聞かせて頂く事が出来ました。中でもベトコンによるテロを警戒し、カンボジア軍(クメール国軍)の武装ヘリに…

東日本大震災直後のベトナム寺法要

イメージ
※この記事は別ブログに2014年06月03日に投稿した記事の改訂版です。

3・11の震災の直後の2011年5月、僕が在日ベトナム仏教寺院の灌仏会(花祭)にお邪魔した時の事です。 そこには仏旗と共に、日本に住むベトナム人達がお金を出し合い作った、日本の復興を願う横断幕が掲げられていました。


 お寺では、住職の尼僧さまが信徒の皆さんにベトナム語で話す説法されてましたが、その中に所々被災地の地名があるのが聞いて取れます。 灌仏会の法要は、同時に震災で亡くなられた方々への供養でもありました。




また法要の後も、寺の被災地支援の義援金に皆さん快く応じておられました。


彼らだって外国での生活で楽ではないはずなのに。日本人として感謝の気持ちで一杯です。
そして人もまばらになり、会もおひらきという頃。 さきほどの住職が仏前に伏し、一人読教されている事に気付きました。 その祈りは途絶えることなく、1時間以上続きました。 僕はこの光景を一生忘れません。


僕は、自分ん家の菩提寺の本尊すら拝んだ事のない不心得者ですが、これには思わず心から合掌してしまいました。 しかし、在日ベトナム人が異邦人である僕らのためにここまでしてくれているのに、それを伝えるテレビも記者もいません。 この日、ここに来ていた日本人は僕を含め4・5人だけです。この事実をほとんどの日本人が知らないのが申し訳ないくらいです。 さらに聞いたところによると、こちらの住職さまは後日ベトナム本土から集団で来日した僧侶グループと共に津波の被災地に赴き、現地で百か日法要を執り行われたそうです。 なんて有り難いんだろう。 ベトナムの皆さと関ってると、こういう感動が何度もあったので、僕にとってベトナムは趣味を超えたライフワークになってます。

お台場ハンガーストライキ

イメージ
知り合いの在日ベトナム人から紹介され、2017年7月1日から2日にかけて東京お台場海浜公園で行われた、ベトナムにおける海洋汚染・人権問題に抗議するハンガーストライキに、私も土曜日だけ参加させて頂きました。
デモを主催する『青い海 for ベトナム (Biển xanh cho Việt Nam)』は、日本で生活するベトナム人の方々が結成したグループであり、故郷ベトナムで大変な苦難、特に昨年からベトナム史上最悪の環境破壊・公害問題へと発展しているフォルモサ問題の渦中にいる人々の救済を目指すと共に、ここ日本でもベトナムの社会問題に目を向けてもらえるよう、デモ活動を行っておられます。
また今回は、直前の6月29日に、フォルモサを含むベトナムの人権問題について意見を発していたブロガー『マザー・マッシュルーム(Mẹ Nấm)』ことグエン・ゴック・ニュー・クインさんが、禁錮10年という厳しすぎる判決を受けた事についても、ベトナム政府の対応を非難し、彼女の解放を訴えました。
今回参加されたベトナム人の皆さんのほとんどは東京近郊で生活されている方々でしたが、中には大阪から新幹線でいらっしゃった方も居り、外国でなにかと不自由な生活をしながらも祖国の問題に真剣に取り組む皆さんに心を打たれました。






 写真: Biển xanh cho Việt Nam
写真: Biển xanh cho Việt Nam ▲最初私は取材だけのつもりだったのですが、日本語でプラカード書いてと頼まれたので引き受けていたら、いつの間にか私もデモ参加者の一人になっていました。左の方はイギリス出身で、ベトナム人の奥さんと一緒に参加されていました。


最後まで皆さんとご一緒出来たらよかったのですが、私は次の日、朝から仕事が入っていたので、夜9時で帰宅する事となりました。他の参加者の皆さんは、そのまま海浜公園で一晩中断食を続けながら一夜を過ごされました。
そして翌日の日曜は日本に住むベトナム人が数百人集結し、カトリック麹町聖イグナチオ教会にて大規模な抗議集会が開催されました。


こちらも取材に行けたらよかったのですが、スケジュールの調整がつかなかったので、またの機会に伺いたいと思います。 デモに参加された皆さん、お疲れさまでした。暖かく迎え入れて頂き、本当にありがとうございました。 これからも皆さんを応援していきます!

近年最悪の言論弾圧: 人権ブロガーに禁錮10年

イメージ
ベトナムで暮らす2児の母グエン・ゴック・ニュー・クイン(Nguyễn Ngọc Như Quỳnh)さんは、『マザー・マッシュルーム(Mẹ Nấm)』の名で知られる社会派ブロガーとして、これまで言論の自由や政府の横暴、人権問題・環境問題など数々の社会問題に問題提起、意見表明を続けてきました。
グエン・ゴック・ニュー・クイン氏は2010年、表現の自由を擁護する執筆家として、ヒューマン・ライツ・ウォッチからヘルマン・ハメット賞を受け取っている。2015年には、Civil Rights Defendersの2015年度市民権擁護者賞を受賞。2017年3月には米国務省から「世界の勇気ある女性賞」も受け取った。 引用: ヒューマン・ライツ・ウォッチ
しかしベトナム政府は昨年より法律を改正して平和的な手段で活動するブロガー、民主化活動家への弾圧をより一層強化しています。その中でクインさんは、度々警察による活動の妨害や暴漢の襲撃に晒されてきましたが、ついに2016年10月にベトナム社会主義共和国刑法第88条「反国家宣伝」の容疑で逮捕・訴追されます。そしてカインホア省人民裁判所は2017年6月29日、クインさんに禁錮10年の有罪判決を下しました。

写真: Báo VietNamNet (2017年6月29日)
これまで数々の活動家・ブロガーが『反国家的活動』として不当に逮捕・投獄されてきましたが、この判決は近年で最も厳しいものであり、これは明らかに、知名度の高いクインさんを社会的に抹殺する事で民主派運動を圧殺しようとするベトナム共産党政府による残忍な弾圧に他なりません。
また現地では、クインさんは拘留期間中、警察から替えの下着や生理用品を与えられない等、精神的苦痛を与える拷問にさらされているとも伝えられています。
また二人の幼いお子さんを残し投獄されるクインさんとそのご家族の無念を思うと、言葉に詰まります。

私は政府による卑劣な弾圧に立ち向かったクインさんの勇気を心から尊敬すると共に、クインさんを始め現在も投獄中の『良心の囚人』たちがすぐに釈放される事を願ってやみません。


ヒューマン・ライツ・ウォッチ - ベトナム:ブロガー「マザーマッシュルーム」の釈放を
https://www.hrw.org/ja/news/2017/06/28/306036

CNN.co.jp - ベトナム…

フォルモサ海洋汚染問題

イメージ
2016年、ベトナムでは、200km以上に渡るベトナム中部沿岸部の広い範囲に深刻な海洋汚染が発生し、周辺の魚類が大量死して海岸に打ち上げられると共に、漁業者の生活や、そこで獲れた魚介類を食べる住民の健康が現在も脅かされています。


動画: Tin Mới Nhất / 2016年4月28日
この汚染は当初から、ベトナム中部ハティン省にベトナム政府が誘致した台湾系化学メーカー『フォルモサ(FORMOSA)』の製鉄工場が有害物質を含んだ排水を海に大量に投棄した為に発生したと国内外から指摘されており、ベトナム全土で政府とフォルモサへの大規模な抗議デモが繰り返し行われました。しかしベトナム政府は海洋汚染とフォルモサとの関係を因果否定し、警察はデモ参加の鎮圧を行いました。


動画: SBTNOfficial / 2016年5月1日
この数か月後、国内外からの強い批判を受けてフォルモサ側は一転して汚染の責任を認めてベトナム国民に謝罪し、ベトナム政府に対し賠償金5億ドル(約510億円)を支払う事を発表します。ところがベトナム政府はフォルモサから賠償金を受け取るものの、実際に被害を受けた住民の救済に当てられた額はごく僅かであり、まだ一切受け取れていない住民も大勢います。
それどころか、ベトナム政府はさらに新たなフォルモサの製鉄施設を建設するため、汚染の被害を受けていたハティン省ドンイェン村の住民に立ち退きを命じます。村の土地のほとんどは政府に強制的に接収され、まだ人が住んでいる家々が次々と取り壊されました。フォルモサからベトナム政府に渡った5億ドルは、実際には賠償金などではなく、住民を立ち退かせ開発を続けるための賄賂でした。
今もベトナム共産党政府は、国民の困窮、国土の汚染を尻目に、『開発』という名目の利権獲得に血眼になっています。

詳しくはこちらを参照
東洋経済オンライン - ベトナム最悪の海洋汚染、意外な「その後」
http://toyokeizai.net/articles/-/178075

東洋経済オンライン - ベトナム原発計画中止で無視される「民意」
http://toyokeizai.net/articles/-/178076?page=5