投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

第38回 日本定住難民のつどい

イメージ
11月12日(日)、新宿区新宿文化センターで開催された「日本定住難民のつどい」を観覧してきました。この催しは日本政府の委託で日本定住難民への支援を行うFWEAP(公益財団法人アジア福祉教育財団)が昭和57から毎年主催しているもので、今年で38回目を迎えます。
 私はこれまでこの式典に参加した事は無かったのですが、今回知人がステージでベトナム舞踊を披露するとの事で、勉強がてら行ってきました。


 式典には主催者のFWEAP理事長 藤原氏、共催の新宿区長を始め、来賓として法務省入国管理局長、外務省国連担当大使、国際連合難民高等弁務官事務所駐日代表が列席され、さらに安倍首相ら政府閣僚からの祝電が寄せられました。難民支援は国の事業だと知ってはいましたが、これほどの顔ぶれが揃う式典だとは思っていませんでした。
 来賓挨拶の後は、難民を雇用する企業や協力者への感謝状贈呈、模範難民定住者への表彰状授与がありました。まぁ、この辺は政府の建前的な話しか無いので、ほとんど聞き流してましたが。日本に住む1万人、そして世界に住む300万人のインドシナ難民の方々が「なぜ祖国から逃げ出さなければならなかったのか」「なぜ今も帰れないのか」につては一切触れる事はありません。あえて厳しい言い方をすれば、この式典は日本政府の人道支援を「自画自賛」するためのものです。もちろんこの支援は難民の方々に大いに役立っていると思いますが、同時に日本政府としては、経済的利益の為にはベトナム政府など難民を生みつづけた非人道的な恐怖政治体制とも友好関係を維持したいというのが本音な訳で、この難民問題の根本原因については触れたくないのでしょう。これは国家間の関係に関わる政治的な問題であり、単なるヒューマニズムだけで動く訳にはいかないというのは私にも理解はできますが、こういう式典で偉い人たちの演説を聞く度に、どうしても日本人が出来る事の限界と言うか虚しさを感じてしまいます。同時にその悔しさが、僕がこうしてブログを書いている原動力な訳でもありますが。


さて、式典の後はお待ちかねのアトラクションです!
(スマホのカメラをズーム最大にして撮ったので画質悪いです)

武蔵野中学高等学校マーチングバンド・チアリーディング部
在日チン民族協会 ミャンマー民族舞踊
カンボジアこども支援センター カンボジア民族舞踊
新宿区役所つつじ連 阿波…